シンコー ステンレス保管庫上部ガラス戸下部ステンレス戸ベース仕様(VG15045) f0357lxii82014-道具、材料

シンコー ステンレス保管庫上部ガラス戸下部ステンレス戸ベース仕様(VG15045) f0357lxii82014-道具、材料

スタンドバッグ角プロ 2型 1300RC 1300L ライスセンター仕様 田中産業 角型 自立型米出荷用フレコン グレンバッグ シB


製品仕様
商品名シンコー ステンレス保管庫上部ガラス戸下部ステンレス戸ベース仕様(VG15045)
内容量11台
販売単位1台
仕様●最大積載量(kg/台):800
●間口(mm):1500
●奥行(mm):450
●高さ(mm):1750
●摘要:棚板2枚(上下各1枚)
仕様2●棚板調整ピッチ:30mm
●扉:シリンダ錠付
●上下二段式
●上部ガラス扉・下部ステンレス扉
●中棚:上下各3段付
材質/仕上●ステンレス(SUS430)
●No.4仕上
●No.4仕上げ
原産国日本
質量99
質量単位KG



商品詳細
特長●耐震固定金具が6個付いています。
●耐震固定金具6個付です。
●引違扉シリンダー錠付です。
●中棚は30mmピッチにて上下可変式です。
注意事項●間口1500・1800の中棚は左右二分割式棚になります。
シンコー ステンレス保管庫上部ガラス戸下部ステンレス戸ベース仕様(VG15045)
ズーム双眼実体顕微鏡(LED照明付き) 三眼 SZ-8003 1個スガツネ(LAMP) アブソレックスダンピングキャスターねじ込みタイプ SES-100ASF S-5

 自らの死についての未知なる不安を解き放ってくれたのは、立花隆著『臨死体験』であった。様々な臨死体験を通じ、死に臨む人間の側頭葉非定常放電によりセロトニンやエンドルフィンといった神経伝達物質が分泌され、脳内幻覚(所謂「美しい花畑」といったような…)による苦痛を除去するプロセスが生理学的に準備されている、という「科学的な」根拠が明らかになってきたことを読み知ったからだった。また、黒澤明監督『どですかでん』の原作でもある山本周五郎『季節のない街』で、スラム街に住む老賢者の彫金師が、戦争で全ての家族を喪った初老の自殺志願者に「あんたが死んじまったら、あんたのこころの中だけに生きている家族も一緒に死んじまうんだよ」と言って思い留まらせるシーンは、物理的に死せる人間が、他者の記憶の中に生き続けるという文脈で、やはり私たちの死への恐怖を和らげてくれている気がする。

 さて、『逝きし世の面影』(以下「前著」)で幕末・明治初期の外国人の見聞録から、日本人の江戸期に至り培ってきた文明の終焉の輝きを掬い取った著者による、明治期に関する歴史評論集である。著者の視線は前著においてと同様、いわば歴史の川上を形成した政治・経済・社会のメインプレーヤーではなく、川下で歴史の大きな潮流を形作ってきた「名もなき人びと」へと向けられる。現在、ちくま文庫「山田風太郎明治小説全集」全14巻でその全貌を知ることができる山田風太郎の明治開化物語が、実在する・しかもさほど有名でもない登場人物に関する史料の綿密な考証に基づきながら、想像上の人間関係を小説の中で網み上げていくその手管に、著者は感嘆を禁じ得ない。史料に基づく考証が綿密な分、歴史に記されていない(小説創作上の)出来事が存在したとも言えないし、逆に存在し得なかったとも言えない……そんな史実の間隙を埋める山田風太郎の想像力の豊かさに著者は賛辞を惜しまない。

 一方で、司馬遼太郎の『坂の上の雲』に現れる歴史観(いわゆる「司馬史観」)に対しては容赦ない。著者が前著において造影した通り、明治維新は江戸期を否定しこれと隔絶された所から生まれたものではなく、江戸期に至る経済・社会・文化の果実こそが明治以降の近代日本のローンチングの礎となったことに、司馬史観は与しない。明治は江戸と切り離されゼロから築かれた「新しく輝かしい時代」であり、その健全なる成長が復古反動によって阻害された結果が侵略戦争を生み出した、と司馬は考えるが、著者は寧ろ明治が江戸の延長線上に形成されたが故にその帰結を招いた、と考えている。その典型的な例が、明治14年以降始まった民権運動自体が、豪農・士族・豪傑・博徒、といった「旧時代」の人びとによって担われてきたことを、既存のアカデミズムとは全く異なる手法で、即ちそれを担った「名もなき人びと」の遺した第一次史料の発掘によって詳らかにしていくのだ。

 実は本著の圧巻は巻末に据えられた著者と新保祐司との対談にある。日頃、顰めっ面をしている著者・渡辺京二(他の歴史評論集や水俣闘争の盟友・故石牟礼道子との相関で語られる姿から察せられる)とは異なる、好好爺の素顔がその対談に覗かれるからだ。自分には作家としての想像力がない、だから史料をこつこつと読み込んで歴史のエピソードを拾っていく。研究者のアカデミズムは特定の分野をどんどん掘り下げて、歴史のごく狭い領域の事実だけを論文にしていくから面白くない。歴史、特に表舞台に登場しない人びとに纏わる象徴的な物語・エピソードを拾い、伝えていくことで、歴史の大きな流れの中での彼らの関わりや、語られることのない「歴史の本質」を後世に伝えていくことができるのだ、と。ここに、著者の著作に一貫する姿勢が示されているといえよう。いわば、著者は歴史の大きな川の流れに埋没し、決して川上に顕れることなき人びとの「生」を、かくして私たちの記憶の中に蘇らせる作業を試みているに相違ない。つまり、私たちが歴史の川面の表層にのみ囚われることなく、その本質に思い至るべく記しているのだ。

 著者に非常に近しい関心を抱いた作家に吉村昭がいるが、この対談の中で、著者は吉村に非常に簡単に触れている。吉村は史料をきちんと読み込み、物語を巧みに拾っているが、実は語られる作品群に一貫した思想性が感じられない、と言う。作家としての創造性の限界を感じた著者と、作家・吉村昭の間にあるものは、或は自らの歴史観を敢えて前面に押し出すことなく、史実そのものを通じて読者の判断に飽くまでも委ねるべきだとする「作家」としての矜持ではないだろうか。吉村昭の作家としての最大の魅力は、そのストイシズムにある、といっても過言ではあるまい。

スガツネ工業 ケーブルカラマン 車輪径150φ用(200ー022ー012) A67LG4Gスカルキャンディー Mix Master DJヘッドホン(ヘッドフォン) ミックス・マスター ブラック S6MMFM-003 [並行輸入品]                                  

 今年56回目を迎える日本近代文学館主催『夏の文学教室 』、6日間18人の講師の内4名もが図らずも水村美苗『 日本語が亡びるとき』に言及したのは、今年のテーマが「 文学の現在 ー 越境・往還することば」であったからに相違ない。水村美 苗は父親の仕事の関係で12歳で渡米し、徹底した「英語 嫌い」となった結果、仏文学科を志す一方で日本文学に耽 溺し、とうとう未完に終わった漱石の『明暗』の続編を書 いてしまった、という異才である。1990年にその『続 明暗』が文学ファンによって喧しい賛否両論に晒されてい た折にそれ程関心を抱かなかったのは、漱石の『明暗』自 体にさ程の思い入れがなかったから、に他ならない。
 大学を卒業する頃には漱石の小説は概ね読み尽くしていた が、面白かったのはせいぜい『それから』までの初期作品 だった。最もお気に入りは『草枕』の耽美的世界で、旅...行に出る度に旅先の書店で買い求め、未だに書棚には十冊 を下らない手垢に塗れた『草枕』の文庫本が並んでいる。 『門』以降に漱石が描いたのは若輩の私の理解を超越した 小説世界だったのだスギコ 18−8ステンレス番重バット 中浅型 手付 470x350x80(SH473508H)スギコ 18-8テーパー付 密閉容器 TH-460D
 この機に啓発されて、既に10年も前に書かれた水村美苗 の『日本語が亡びるとき』を読み、水村の日本文学への傾 倒を追体験しながら、再び漱石の『明暗』と水村の『続明 暗』を通読した結果、40年前の私の漱石観は180度転 換することになった。それは正にこの間の積年の経験が晩 年の漱石の境地へと誘ってくれたせいかもしれない。
 それにしても漱石の『明暗』は読ませる小説である。大正 5年5月から同12月まで188回に亘り朝日新聞に掲載 された新聞小説であり、12月9月の漱石の逝去により未 完となる。掲載単位の章立てとなっているが、各章を読み 終わる度に次の展開が気になって仕方ない。当時の熱心な 漱石の読者はその日の掲載を読み終わると、物語の展開を 想像しながら翌日の新聞が待ち遠しかったことだろう。
 津田由雄は三十歳になろうという勤め人だが、半年前に二 十三歳のお延を妻に娶った。物語は痔の手術で由雄が手術 ・入院するところから始まる。由雄の父は京都に隠棲して おり、文筆家の叔父、藤井の家で妹のお秀と育てられ、お 秀は器量を買われて資産家の堀に嫁ぎ、由雄もお延と結婚 して父親の旧家に住むことになる。お延もやはり京都に実 家があり、そこで偶然由雄と巡り合うのだが、生活の拠点 は東京の叔母の嫁ぎ先である岡本の義叔父の下で継子、百 合子という従姉妹と実の姉妹のように育った。由雄が勤め る会社の重役で、岡本や津田の父とも交際のある吉川が由 雄の後見人であり、由雄の結婚の際にも吉川夫妻が仲人を 務めた。
 入院、手術を控えた由雄と、妻お延、吉川夫人、妹お秀、 そして由雄の友人小林といった登場人物との会話を通じて 、由雄にはお延と結婚する前に交際していた清子という女 性が存在していた事が示唆される。由雄はプライドが高く 常に相手に対して優位に立つ事を計算づくで他者と交際し ている部分がある。こうした態度が金銭的支援をしてくれ た父親との関係を壊し、父親側に立ったお秀の反感を買い 、お延の実家のような岡本との関係も疎遠になっていく。
 実は、母親のように由雄にお節介を焼く吉川夫人は由雄の 元の交際相手、清子と由雄の仲を取り持とうとしながらも 、清子は由雄の学生時代の友人、関の元に理由も知らせず 嫁いでしまう。その穴埋めのように、吉川夫人はお延との 結婚話を進めたのだが、お延はお延で計算高い策謀家で由 雄を立てながらも旨く彼をコントロールしているのが、吉 川夫人には面白くない。
 そんな由雄の手術後の入院を見舞う吉川夫人が持ち込んだ のが、関と結婚した清子が子を流産し(湯河原)温泉で一 人湯治している、という話しだった。清子への思い断ち切 れない由雄に、術後の湯治を口実に清子との再会を持ち掛 けるのだ。由雄は勿論お延には内密のまま、この提案に乗 ってしまう。いずれもお延を快く思っていない吉川夫人と お秀の間で、これがお延への教育的効果を狙ったものだ、 という会話が交わされる一方、お延は吉川夫人、お秀、小 林といった周囲から孤立し追い詰められていく。そして、 由雄はとうとう温泉宿で吉川夫人の思惑通り、清子と再会 を果たしてしまうのだった。
 ……と、漱石はここまで書いて『明暗』は絶筆となってし まう。毎日連載を読みながら次の展開に期待を寄せていた 漱石の愛読者の喪失感はいかばかりのものであったろう。 否、寧ろその喪失感こそ漱石の名跡を後世に残す事になっ た一因と言えるのかもしれない。漱石は『明暗』の物語の シノプシスを決して周囲に漏らしていなかったので、誰も 結末を予測することはできない。ちくま文庫・漱石全集の 解説の中で吉田精一は、漱石が晩年に唱えた「則天去私」 にその後の展開のヒントがあるだろうと述べている。それ は『三四郎』以降、近代日本人のエゴのもたらす悲劇を描 いてきた漱石の帰結であるとも言えるだろう。
 そして、水村美苗は『続明暗』で、どのような帰結へとこ の物語を導いていくのだろうか。彼女は文庫版あとがきに 次のように書いている。『続明暗』は多くの読者を得て、 賛辞の一方で、漱石の『明暗』はきっと異なる帰結になっ た筈だし、とても本著は漱石に及ぶべくもない、といった 批判も多く頂戴した。水村は、何のために小説を書くかと いえば、牛となって「人間を押す」のだ、という漱石の言 葉を引用して、『明暗』の続きを読みたい、という読者の 気持ちこそが「文学の実体」であって、それによって漱石 が都度塗り替えられることこそが日本文学にとって必要な のではないか、と。
 水村の『続明暗』に描かれる物語の展開の是非は兎も角( 無論、私自身は水村と異なる帰結を想定しているが)、こ れを『明暗』から引き続き読むことで、水村が『日本語が 亡びるとき』に描き尽くそうとした日本文学の本質に触れ た気がした。つまり、彼女が『続明暗』に何を書いたか、 ということよりもこれを書くという行為そのものの意味を 考えさせられたのである。水村の描く「ひとつの仮説」に よって、読者ひとりひとりの中にそれぞれの『続明暗』が 浮び上るのではないだろうか。
そう、もう一度、漱石全集を通読してみることにしよう。 今度は晩年の作品から遡って読んでみることにしようか。

スギコ 18−8検食用容器 田型日付入 8個入 285×221×63(KS901)スギコ 3槽シンクトップ SH-7518T SH-7518T(W1800×D750mm)

スタンドポスト スウェニー | ガーデンポスト ガーデン家具 レターボックス 郵便 ボックス ガーデニング 棚 ラックスギコ ステンレスホッパー(RWOS38H)

スタンドポスト 郵便ポスト 『シルエットポスト(ドッグ)wait』 (SI-1500-2300) メールボックス アニマル

 いわゆるノンフィクションとして読み始めると、少し手強い。私は高校まで分子生物学を志していたので違和感はないが、著者は早稲田の大学院理工学修士卒の毎日新聞科学環境部の記者である。記事の裏側を深耕する本著に挑むには、専門領域の学術論争を読み解く覚悟が必要だ。新聞記者として専門用語を丁寧に紐解く彼女の解説によって根気よく読み進むことがこの「事件の謎解き」に至る唯一の道となる。逆に言えば、本著は人間軸ではなく、客観的な論証に基づく科学を主軸としているノンフィクションなのである。
STAP細胞事件は様々な教訓を孕んでいるが、端的には笹井氏の自殺を扱った末尾近くで著者が紹介するある研究者のコメントに集約される。...
「一つの教訓は、優れた研究者がリーダー役をする場合には、やはり長い目で見て社会全体を考えられる、バランスのとれた見識を持つことが必要な時代なんでしょうね。予算を獲得するためにうまく立ち回り、誇大広告的なアピールをするのは、一時的にその人や組織にメリットをもたらしても、学問、社会、国民、経済にとっては逆に働く。」
…さて、これは私や貴方が帰属する「組織」と寸分も違わぬ事象ではなかろうか。考えさせられるのは、科学的推論の検証を熟知した科学者達が、何故、かくも稚拙な詐術がいつか化けの皮の剥げ落ちる事にさえ思い至らなかったのか…という極めて単純明快な疑問なのだ。つきつめれば、そんな科学者の世界にでさえかくも倫理観が喪われている我が国の現状について、このコメントこそが正鵠を射ている、と言えるのかもしれない。
短期的成果を求めて産学は「応用研究」にヒト・モノ・カネを注ぎ込むが、一見「出口の見えない」基礎研究こそが大切である、というのが笹井氏の持論であった…というのは実に皮肉な事である。だからこそ彼は焦り、成果の方向性を見誤った…としたらこれは人生の最大の皮肉、というよりも、現代日本の最も深刻な「自己矛盾」といっていいのかもしれない。あくまで、現象は、時代の鑑、なのである。        ()

スチームマシン タイジ MJ-45A 饅頭45個入り (別途送料が掛かります)スギコ 電気式卓上グリドル EK-6003

スチールキャニオンシェルフ 460−1520P2200−5 設備・保管・運搬 棚

スチールラバーシート MGP-4〔代引不可〕 スギコ 電気卓上フードウォーマー ホテルパン セットモデル EK-6004-8Y(ヨコ型)
ステーキ用ローストクックKG型 KG-5C KG-5C LPガススギコ 業務用プラスチックまな板 4号 720x330x20 TP4 1枚

 私小説家の死は、やはり哀しい。
亡き父の学生時代の日記をその没後、書斎を整理しながら見つけた。昭和23年6月19日、達筆な父の日記は、数頁ほぼ判読不能な程に書き撲られていた。同郷の愛する私小説家、太宰治の入水死体が玉川上水で発見された、その日である。
私小説に魅かれるのは、その豪放磊落な作者の人生のリアリティに同化...するからである。無論、それは小説であって「事実」ではないが、事実に支えられたフィクションにこそ「真実」は宿る。私にとって、車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』との出会いは、その意味で衝撃的であった。
文学を嘱望されながら自らを持て余し、転々と職業を変えながら、板前の辛酸な下働きを繰り返した経験を投じた、モツ焼きの串を尼崎の安アパートで打ち続ける主人公。そして同じアパートに棲む決して堅気ではない男の「人妻」との不倫行。虚無に流され辿りついた人生が、過信に値しない人妻との愛欲に翻弄される束の間の「幻影」。やがて、夢より覚醒しながらも、それを事実と受け止められない奇想天外な結末。
この53歳にしての「直木賞作品」に魅了され、私は車谷長吉の作品を貪り読むことになった。ミス東大にも選ばれた才媛である詩人、高橋順子と晩い夫婦となって、全集が刊行されてからも、時に新刊を世に問うたが、寧ろその「早すぎる死」は、車谷らしい最期であった…のかもしれない。
おそらくは最後まで自ら背負った「業」と闘いながらも、せめて西行の夢を見るようなこの一篇を残してくれたことに深い感謝を表しつつ、しみじみと車谷長吉の冥福を祈りたい。

                                         スギコ(SUGICO) 舟型流し台 600シリーズ SS-FS-126 W1200×D600×H800(送料無料、代引不可)スギコ産業 RWOS48H スギコ ステンレスホッパー

ステンマイルドボックス SMB-10 10l M クリップ無

 1992年9月、アラスカの北アメリカ最高峰マッキンレー山(6,168m)北部の荒野、鉱山開発中断により寸断された道路に放置されまま廃車となったバスの中で、一人の若者の腐乱した遺体が3名のハンターによって発見された。クリス・マッカンドレス24歳。90年にアトランタの有名大学を卒業すると、NASAのエリート技師を父に持つ...裕福で何不自由ない平穏な家庭には一切を告げぬまま、全財産を慈善団体に寄付し、着の身着のままでヒッチハイクで北へ北へ、と向かった。
家族の追跡を逃れるために偽名を使い、街々で日雇いの禄を繋ぎながら荒野での野生の生活に必要な最小限のもののみを携えて、彼が行き着いたのが、マッキンレー山麓に放置された、その壊れたバスだったのだ。
登山作家であるジョン・クラカウワーは、アウトドア経験さえもない一人の若者が想像を絶する大自然の脅威へと挑んでいった無謀さに半ば呆れながらも、クリスが何故荒野へと追い立てられていったのか、その理由を探りたいが一心で、彼がマッキンレー山麓に至る足跡を断片的な人々の証言をジグゾーパズルのように構成し、クリスの人物像を描いていく。
そこに結論らしい結論は、何もない。一見平穏そうに見えた家庭の裏側に両親の不和の影が差していたり、エリートの父の背中に疑問を抱く深層は垣間見れるが、それが唯一の原因ではない。おそらく、クリスは一個の人間が立ち向うには遥かに強大な大自然の中に身を置くことで、自らの本性に対峙したかったのだろう。
しかし、熟練した登山家やハンターでさえ僅かな間隙に命を落としかねないアラスカの壮大な自然の脅威の中で、彼は余りに無防備で無力であった。空腹の余り口にした野生の芋の毒によって、彼の孤独で自由な野生の生活は急転直下の結末を迎えることになる。
原著初版は1996年。私の滞米3年目のベストセラーであった。英文で原作を読み感動に浸りたいというNY駐在の私的な夢を叶えてくれた最初の本でもあった。できうることなら自ら翻訳を試みてみたい、とさえ思わせてくれた本でもあった。
何故、読者はクリスの余りにも無謀な大自然への逃避に魅かれるのか。それは、ジョン・クラカウワーが敢えて語らなかったように、私たちそのものの中に「荒野」が存在しているからに他ならない。東京‐NY便は、マッキンレーの登山口にあたる都市、フェアバンクスの上空を通過する。その度毎に、24歳で命を落としたクリスに祈りを捧げることにしている。()

ステンレス/アクリル表札 ネームプレート プリズム MSPM-S-5(黒) 丸三タカギ 激安表札スギコ産業:キャンブロ スライディングリッド アイスキャディー ICS-100L スレートブルー

ステンレスキャニオンシェルフ(SUS) 310シリーズ W1520×D310×H1900 4段(送料無料、代引不可)

 私事ではあるが、四年半ほど前「鬱病」で三ヶ月程休職した。イギリスのパートナーとの株式買増し交渉はタフで、日中社内で提示条件をとりつけ夕刻にメールすれば夜半には返答があり、翌日の社内会議のために深夜・早朝に資料をまとめる。…つまり7時間の時差を越えて終日、板挟みの格闘が続く。溝は埋まらず、こんな事を半年も続けていたら、...流石にダウンしてしまった。
さて「読むクスリ」の話しである。最初に辿りついたのは当時話題の、上野千鶴子『おひとりさまの老後』(女性版)『男おひとりさま道』(男性版)で、これはシニアの入口で読むべき必読書である、と今でも確信している。「死ぬ時は独り」…上野千鶴子の凛とした自律する気丈はいつも潔い。
その「男性版」に紹介されていた本である。男は子供の頃から「右肩上がり」の教育を受けるので、病気や失職、定年という挫折に弱い。人生の折り返し地点で、足し算ではなく引き算の生き方を知らないと、文字通りパキッと折れてしまう弱い生き物なのだ。
北海道・襟裳岬にほど近い浦河町にある「べてるの家」という精神疾患者の支援施設でのひとびとの生き方が描かれている。浦河には大きな精神科を擁する赤十字病院があるが、キリスト教団が中心となってその出身者の社会的自立を支援するための社会福祉法人である。
名産の日高昆布の袋詰めにはじまる様々な事業運営そのものを精神疾患と「共存」する入所者が行っている。病状によっては仕事ができない日もあるので、そんな時は調子のいい者が交代する。曰く「安心してサボれる職場」…含蓄がある。
浦河町の街ぐるみの取り組みも紹介されている。当初は「白い眼」で見ていた住民たちも入所者の病気の本質を理解さえすれば、彼等の実に真摯で誠実な人柄に親しく接することができる。勿論、統合失調症の患者が流血のトラブルを起こすことも少なくはないが、街の人々はそれを寛容に受け入れている。
「べてるの家」のモットーは「三度の飯よりミーティング」。ある統合失調症の患者が幻聴で、片思いの彼女が宇宙船で襟裳岬から一緒に宇宙へと旅立とうと呼びかけてくるのを聴き、とるものもとりあえず危険な雪中での襟裳岬行きを決行しようとする。仲間たちはこれを聴きつけて、とにかく皆なで留めようと説得するのだ。二時間議論を尽くしてあるメンバーの一言。「でも、〇〇さん宇宙船の操縦免許、持ってないでしょう?」…そして、これで椿事は治まる。
こうして患者同士が徹底して議論を尽し、相手の病状、自分の病状を理解し(つまり自他の弱さと長所を理解し)、協力・協働しながら社会的な自立を図っていく明るく前向きな姿勢が、「共有」されていく仕組みが「べてるの家」にはある。少し考えてみれば分かることなのだが、本来、弱さを内包した人間が共助の精神で生きる、という「社会」の本質はここに存在している。私たちの「健常」な日常がこれと乖離しているとすれば、その日常にこそ歪みが生じているのだ。
鬱病の私はこの『降りていく生き方』に救われた、といっても過言ではない。そしてその後も、同じ罹病をした幾人かの知人にこの本を勧めると、必ず「治癒効果」があった、と感謝されている。もしも、皆さんの中で「右肩上がりの生き方」が少し窮屈になってきた方がいらっしゃったら、ぜひ、ご一読ください。

                                          スギコ産業:スギコ 2槽式アイスビン SIB-65WBスギヤス ビシャモン 【代引不可】【直送】【別途送料】【個人宅不可】 ハンドパレット 標準式 BM15-60S [A130607]

ステンレスキャニオンシェルフ(SUS) 460シリーズ W1820×D460×H1590 5段(送料無料、代引不可)

 人間は、何故どのようにして人の道(倫理)を踏み外し人命を殺めることができるか。宮﨑勤事件以降、興味を捉えて離さぬテーマであった。
おそらく一連のオウム真理教事件の主犯格の中で唯一人間的興味を抱き得るとすれば、慶応大学病院の心臓外科医からオウムに出家入信した林郁夫の存在であろうが、それは彼がある理由により「彼岸」に至...らず、別件で逮捕されながらも地下鉄サリン事件の実行犯として「自首」したことにより、事件の全貌を解明しうる契機をもたらした「迷い」によるものだろう。
人命を救うという医師としての「職業倫理」が、自らサリンを捲き人命を奪う使命を負わされた内面の葛藤は、恐らくわれわれ凡人の想像に余りあるものに相違ない。彼が庇った部下の看護師が法廷で唐突に叫ぶ「ナイチンゲール誓詞」にそれは象徴される。「…おごそかに神に誓わん…わが生涯を清く過ごし、わが任務を忠実に尽くさんことを…我はわが力の限り、わが任務の標を高くせんことを努むべし…」
腹腔鏡手術の功を急ぐ余り犠牲者を累々となす医師はもとより、私たちは経済効率を優先する余りに非倫理的行為を、帰属する組織の中で黙認しあるいは率先して加担してはいないだろうか。実は「オウムの教訓」こそ、現代組織に潜む普遍的な警鐘に他ならない…ということを、私たちはどれ程自覚しているのだろうか。
殆どが「彼岸」へと渡ったオウム幹部の中で、唯一林郁夫が此岸に戻り得た理由を突き詰めれば、それは「職業倫理」に他ならないのだと思う。オウムなんて今の私たちと無縁だと考えている貴方……貴方が帰属している組織あるいは社会の中でも、実は同じような不条理が起きていませんか。それを救いうる唯一のものは職務に対する誠意、つまり職業倫理でしかない、と言っても過言ではないかもしれません。
多くの法廷記録をノンフィクションとして残してきた佐木隆三。この『慟哭』の副題を「小説・林郁夫裁判」とした理由は、ノンフィクション作家としての「自制心」をあえて逸脱して描き尽したかった主人公への思い入れではないかと想像する。それは素材としての十分なリアリティと読者への訴求力を前提とした判断に相違ない。あえてフィクション作品としての完成度を、唯一の尺度として評価したい。

                                           スギヤス ビシャモン BM15SSL65 薄型タイプフォーク式

ステンレスキャニオンシェルフ(SUS) 610シリーズ W1520×D610×H1390 5段(送料無料、代引不可)スギヤス ビシャモン ハンドパレットトラック BMP15-48SS (特殊フレーム幅タイプ) 【メーカー直送品】

ステンレスサイドアップキャニオンシェルフ逆さ付(SUSR) W1070×D610×H2200 5段(送料無料、代引不可)

 地下鉄サリン事件から20年。事件を知らない多くの若者達がオウム真理教の後継団体に入信する報道を耳にするにつけ、私たちはこの20年間、その事件の本質を理解し、それを防ぐ抜本的な対策を講じてきただろうか、と首を捻る。
オウム真理教とは何だったのか、という探求の中で巡り合った一冊の本。その後の私の長い藤原新也体験の入口の扉...だった。
高度経済成長の予感を彷彿とさせる70年代初頭、東京芸大を中退して著者はインドへと向かう。ガンジス河畔で焼かれる死体の山をただひたすらに眺め続け、彼は人為の無常に思い至る。そして地獄の『印度放浪』、天界の『西蔵放浪』を経て、彼は仏教とパラレルな世界観を形づくっていく。
それから25年を経て、オウム真理教の渦に飲み込まれていく多くの若者達を目前にしながら、著者は改めてその時の経験を俯瞰し、照らし合わせることで「似非宗教」が若者を牽きつける理由を探ろうとする。
彼はそこにひとつの発見をする。それは、麻原彰晃こと松本智津夫が、水俣病の非認定患者であった、という事実だった。だから彼は国家に反逆し社会を攪乱した…ということではない。ただ、そんな高度経済成長の「被害者」のひとりが教祖として醸し出す雰囲気が、社会との落差を感じる若者達の心の隙間を埋めたのだとしたら……。
著者は、別の著書(石牟礼道子との対談集)の中で、福島第一原発事故も水俣病の延長線上にある、とも主張している。20代に地獄と天国への放浪から得た彼の世界観からすれば、これは当然のことだろう。水俣から福島へ、そしてオウムからアレフへ。結局、この20年間は「空白」であった…ということだろうか。
先日第25回「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」の選者としての著者の記念講演を聞いてきた。さて、彼がどの「一冊」を選ぶのかに注目したい。              ()

ステンレスサイドアップキャニオンシェルフ逆さ付(SUSR) W910×D610×H1590 4段(送料無料、代引不可)

スギヤマゲン バイオボックス本体(45L) /3-5257-02スクリーン SDF18×165 アズワン aso 2-7984-03 医療・研究用機器

 誰かが嘘をついている。嘘が綻びそうになると、嘘つきは、取繕うようにこれを指弾した者を声高に非難する。「美味しんぼ・鼻血問題」が起きた時「この類」の問題だろうと直感した。便乗するマスコミの醜悪なバッシング。原作者の雁屋哲も「いつかキチンと反論する」と口を閉ざしたので、一旦、判断を留保することにした。食という普遍的テーマ...を掘り下げ続ける原作者に与信を預けたことになる。
そしてその「反論の書」である。冒頭、論理的反論の手始めに著者が引用した、環境省HP「放射性物質対策に関する不安の声について」を一読し(著者の反論を読む前に)、もうこれはダメだ、と思った。素人目にも論理の飛躍は明らかで、官僚の「焦り」が手に取るように伺えたからだ。
更に著者は、誰もが「実感レベル」で不安を感じている、内部被曝と低線量被曝、特に政府がフクシマについて一切公開していないベータ線の人体への影響を、その徹底した取材力で詳らかにしていく。つまり、ガンマー線のような一過性の線量では測りえない、微細な放射性微粒子を呼吸や食物等で摂取することのリスクが公式見解に一切触れられていないことを指摘する。そして、鼻血やだるさは、まさにこうした内部被曝や低線量被曝で起こる、という学説を紹介していく。
その論理的反論の章間に挟まれた取材記録は、著者自身の福島への思い入れと、結果的に取材協力者に与えてしまった心の傷への悔恨である。鼻血表現を選択するまでの著者の内面的葛藤。福島人は余りにいい人たちだからこそ、嘘つきの嘘を信じている、あるいは信じようとしている。地域共同体としての絆の強さも「本当のことが言えない」要因だろう。だからこそ、著者は警告を与える。命を大切にして欲しい、逃げる勇気を持ってもらいたい…と。
国民にはこの嘘つきが誰なのか、もう分かっている。分かっているのに、どうしようもない。どうしようもない、から健康被害の前線に置かれている彼等を放置しておいていい筈はない。「フクシマの現実」は「明日は我が身」の危機であることを肝に銘ずるべきだろう。チェルノブイリがそうであったように。
著者が東大教養学部で量子力学を専攻した「理系」であったことを寡聞にして知らなかった(原子力のプロではないが)。読み易く書かれてはいるものの論理破綻はない…のはそうしたバックグラウンドがあるからかもしれない。若杉冽『東京ブラックアウト』から本書を読み継ぎ、次は、いよいよ本丸、開沼博『「フクシマ」論ー原子力ムラはなぜ生まれたのか』 へと攻め込むことにしよう。

                                             スズキッド CC-625 溶接延長コードWCT14Sq プラグ・中継ソケット付 10m [astk]

ステンレスタンク 80L 1個

 人生に時計の振り子のような振れ幅があることは致し方ない。運不運、好不調、惑不惑、躁と鬱。しかしこの振れ幅が余りに大きくしかも瞬時に訪れる時、それは一種の同一性障害と呼ぶしかない、と私たちは考える。
昼は新聞記者としての顔を持ち、夜はキャバクラ嬢としてホストの間を泳ぎ回る。そんな極端な振れ幅の人生を同一性としてどのよう...に保持できるのか。「そんな彼女」の自伝的エッセーである。
著者は慶応藤沢から東大大学院(社会学専攻)を経て日経新聞記者をしている。この間、中流の上の家庭では良き娘を演じながら、外に出ればキャバクラ嬢やAV女優として、アンダーグラウンドで成立する社会を同じ地平で見続けてきた。限られた賞味期限の自分の「身体」を百万ドルと値踏みする彼女の唯物史観は、この夜の社会を成立させている歪んだ現代日本社会の、またある側面を示している。
ゴシップ好きのオジさんが想定される読者の40%とすれば、60%は彼女と同世代の若い女性読者、その共感を牽きつけるに違いない。二極化しタテマエとホンネの溝が深く潜在化していくこの社会の中で、宮台真司が既に20年も前から看過していたように、彼女達はこの二面性の中にこそ自分たちの棲息地を探し求めてきた。著者も経験したように、別れた元カレから家族に出演AVを送り付けられる(リベンジポルノと同根)ような「棲息地の伐採」は行ってはならない、ことに気づくだろう。一方でその二面性を成立させているのは、私たち自身なのだから……。
上野千鶴子のジェンダー論を、完膚なきまでに自らの思考の限界を知らしめてくれるが故に男ながらにこよなく愛する者の一人だが、著者の今後にも期待したい。昨秋、5年半の記者生活にピリオドを打った由。()

ステンレスハンガーラック SHR−2672 設備・保管・運搬 机・椅子・ロッカー

ステンレスフィルタハウジング 1TS

 決して先の大戦での大陸侵略を是とする立場ではないが、確かに満州国では「理想国家」に向けた様々な実験が行われた。それはいわば市民革命が不完全燃焼に終わった欧州から移住してアメリカに理想国家を打ち立てた合衆国に似ているかもしれない。
その壮大な実験に多くのドラマが生まれる。戦後の新幹線に繋がる弾丸特急「あじあ号」、広大...な道路で整然と整備された大連、奉天、新京の街路。そして、ラストエンペラー・溥儀がいた、男装の麗人・川島芳子がいた、李香蘭がいた、甘粕正彦の自殺によって潰え去った満映は戦後、東映へと人材を輩出していく。こうした多彩なドラマの「幹」こそが満州国だった。
特定の政治的信条に基づくものではなく、11名の執筆者がこれら多彩なドラマをオムニバス風に描くことで満州国の全貌を浮き彫りにする。勿論、関東軍の陰謀に始まり、敗戦後の引揚者の辛酸に至る戦記も含まれている。一見、安っぽい戦記物に見える表紙は「五族協和」のポスターをそのまま使用しているためだが、満州に抱いた当時の日本人の浪漫をトレースするには良い本だと思う。つまり、それぞれの枝葉としてのドラマを掘り下げるための「入門書」として楽しめる本である(せめて執筆者のプロフィールは巻末に欲しかった)。
読後、ふと思う。何故、日本はこの小さな国土に「理想国家」を未だ実現せざるか、を。

                                          スズキッド×SK11 溶接アイアンワークトライアルセットSAY-80L2FSK アーキュリー80ルナ2角型スタンドバッ

ステンレスフード 1050×1000×1000H SUS430 1.0t BA

 些事ながら出版の取次に就職を夢見た青雲の時代が私にはあった。東京の大書店でも稚内の街の小さな本屋でも、定価360円の岩波文庫が同じ値段で買えるのは取次が再販の下に輸送コストを平準化しているから。これこそ「民主主義日本の文化的美徳」だと思ったのだ。
豊かな文化的生活のためには、合理性に委ねてはならぬ経済領域がある。郵...政民営化(過疎地に郵便が届かない)や国鉄分割民営化(JR北海道の再生不良貧血)がもたらした弊害を考えれば分かる。私たちの「食の安全」も実はこれと同様の危機に晒されている。
昨今の食品添加物の目に余る跳梁のもたらす、放射線被害に勝るとも劣らぬ長期的健康被害について、子を持つ母親たちはもっと自覚すべきだろう。本書は2010~11年に週刊朝日に連載初出し、経済合理性下の「工場」で人工光と合成肥料液で生産される「不気味な」野菜が、毒性を蔓延させる恐怖を描いたフィクションだ。                               ()
ある意味で、有吉佐和子の『複合汚染』が先鞭となるが、想像力豊かな二人の女性作家の警鐘は、今やフィクションから現実化しつつある。JA全中の解体はTPPによる農業生産の自由化と競争原理を想定しているのだろうが、行き着く先にあるのがこの地獄絵図とすれば…。私たちは、戦後馴染みすぎたアメリカ流の大量生産・大量消費の中に、自らの生命さえ委ねようとしている自覚を持つべきかもしれない。 ()

ステンレスフード 1050×950×700H SUS304 1.0t HL

 「あの時代」とは一体何だったのだろう。国富拡大と大東亜共栄圏の美名のもとの侵略。そして民族間の愛憎。旧満州に日本人として生まれ、しかも中国人との深い絆を持つ父の下、民族間の架け橋となるべく育てられたが故に、彼女はその愛憎に人生を翻弄される。
昭和16年、日劇に颯爽と登場した満州人女優、李香蘭は軍国主義の暗い世相の中で...日劇を7周半する程の観客を魅了し一世を風靡するが、戦後は抑留され、男装の麗人・川島芳子と同じ漢奸として銃殺の危機に晒される。
戦争は民族を異にする人間と人間が憎しみ合うから起きるのではない。国家間の権謀術数を弄する政治の帰結に過ぎない。戦後も日中の架け橋として生涯を全うした山口淑子の生き方は、「あの時代」を繰り返そうとしている現代日本への警鐘である、と思う。
安っぽい和製ミュージカルの原作と考えてはいけない。共著者・藤原作弥の筆は類を見ない抑制の利いた評伝を刻み上げた。文庫本にもなっているので、李香蘭の生涯を辿り「あの時代」をぜひ追体験してほしい。                   スターラー本体(水中・高温低温対応)10000mL 非表示 aso 3-5568-03 医療・研究用機器

ステンレスフード 1100×900×1000H SUS304 1.0t BAスタイリッシュ プランター/フラワースタンド 〔ブラウン 幅56cm ロータイプ〕 人工木 アルミフレーム 〔園芸用品〕

 文字通り、本に埋もれて育った。父は学術書専門出版社の編集者であったし、読みもしない本を買う名人だった。更に困ったことに「本を捨てられぬ人」でもあった。横濱の片田舎から東京に転居する際に、ご丁寧にも大工に書庫を作らせた。僅か十坪程の建坪の家に、である。狭隘なるが故に私の寝室はその書庫に据えられることになったのだ。父の悪癖を受け継ぎて、日々の読後をかく綴らんとす。